買取価格を左右する!賢い洋服の保管方法

洋服がいたまないように保管する

洋服の状態は買取価格に大きな影響を与えます。そのため、保管の仕方を知っておきましょう。長期保管をする場合はクリーニングに出しておくことをおすすめします。一度着用した洋服は綺麗に見えても汗や汚れがついています。そのままにしておくとシミになってしまうので、クリーニング店に持って行きましょう。自分で洗濯する場合は完全に乾かしてから保管するのが大事です。湿気の残る生乾きの状態だと、カビが生えてしまいます。
また、しわを綺麗に伸ばすことも重要です。しわが一度ついてしまうと、なかなか取ることができません。ドレスやスーツはたたむよりも、カバーをほこりよけのためにかけてハンガーを使って保管する方がいい場合もあります。

保管する場所にもこだわる

長期保管を考えているならば、洋服の保管場所にも注意しましょう。湿気の少ないスペースが一番です。クローゼットや押し入れに湿気がたまっているなと感じたら、除湿剤を置いてみましょう。また、衣装ケースに入れておく場合は詰め込んでしまうのではなく、余裕を持たせるのが大事です。詰め込みすぎると洋服はいたんでしまいます。
長期保管の期間が長くなってしまうと、いくら対策をしたとしても洋服がいたみ始めてしまいます。そのため、定期的に虫干しをしましょう。晴天の空気が乾燥している時期が虫干しに最適です。保管する場所も風を通すことで除湿を行いましょう。このような方法で衣類を保管しておくと、買取の際にも査定の評価が良くなります。